【都知事選候補者アンケート】性的少数者の人権に関するアンケート、小池あきら氏から回答をいただきました(石原都知事の同性愛者差別発言に抗議する有志の会実施) #ishihara_kougi #tochiji #tochijisen

2010年12月3日と7日の石原都知事の同性愛者差別発言をきっかけに発足した「石原都知事の同性愛者差別発言に抗議する有志の会」のブログです。現在は「レインボー・アクション」に改名して活動を続けています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 当会では東京都知事選挙にあわせ「都知事選アンケートチーム」を結成し、3月22日付で主要立候補者4名に対して「性的少数者(性的マイノリティ)の人権に関するアンケート」を送付いたしました。送付したのは(五十音順に)石原慎太郎氏、小池あきら氏、東国原英夫氏、わたなべ美樹氏です。

 このたび4月6日に小池あきら氏から回答が送付されてきましたので、質問と共に紹介させていただきます。小池氏が○印を付けた項目を青色と◆で表示させていただきましたので、ご参考になさってください。



「石原都知事の同性愛者差別発言に抗議する有志の会」実施
性的少数者(性的マイノリティ)の人権の関するアンケート


 下記の質問項目のうち、ご自身の考えにあてはまるものを○で囲ってお答えください。なお、複数回答は不可とします。【◆と青色が、小池あきら氏の回答です。】

Ⅰ.性的少数者(性的マイノリティ)について、以下の質問にご回答ください。

1.現在、性的少数者(性的マイノリティ)の人権は十分に保障されているとお考えでしょうか。

① 十分に擁護されている
② そこそこ擁護されている
③ どちらともいえない
④ あまり擁護されていない
⑤ 擁護されていない

2.今後、性的少数者(性的マイノリティ)の人権はより保障されていくべきだとお考えでしょうか。
① 保障されていくべきである
② どちらかといえば保障されていくべきである
③ どちらともいえない
④ どちらかといえば保障されなくてもいい
⑤ 保障されなくてもいい

3.今後、性的少数者(性的マイノリティ)の人権について、学校教育で教えることは大切だとお考えでしょうか。
① 大切である
② どちらかといえば大切である
③ どちらともいえない
④ どちらかといえば大切ではない
⑤ 大切ではない

4.今後、性的少数者(性的マイノリティ)の人権を擁護するために、条例の整備が必要であるとお考えでしょうか。
① 整備が必要である
② どちらかといえば整備が必要である
③ どちらともいえない
④ どちらかといえば整備は必要ない
⑤ 整備は必要ない

5.性的少数者(性的マイノリティ)の人権問題を、今後の都政で取り扱っていきたいとお考えでしょうか。
① 考えている
② そこそこ考えている
③ どちらともいえない
④ あまり考えていない
⑤ 考えていない

Ⅱ.同性愛者・両性愛者の人権について、以下の質問にご回答ください。

1.現在、同性愛者・両性愛者に対する差別や偏見はあるとお考えでしょうか。


① あると考えている
② どちらかといえばあると考えている
③ どちらともいえない
④ どちらかといえばないと考えている
⑤ ないと考えている

2.同性愛者・両性愛者に対する差別を解消するために、条例の整備を行う必要があるとお考えでしょうか。
① あると考えている
② どちらかといえばあると考えている
③ どちらともいえない
④ どちらかといえばないと考えている
⑤ ないと考えている

3.同性愛者・両性愛者の性感染症やHIV 感染に対する対策の充実化は重要だとお考えでしょうか。
① 重要である
② どちらかといえば重要である
③ どちらともいえない
④ どちらかといえば重要ではない
⑤ 重要ではない

4.同性愛者・両性愛者のカップルに対して、異性愛者のカップルと同等の権利を保障するために条例の整備を行うべきだとお考えでしょうか。
① 整備を行うべきである
② どちらかといえば整備を行うべきである
③ どちらともいえない
④ どちらかといえば整備は行わなくてよい
⑤ 整備は行わなくてよい

Ⅲ.性同一性障害の人々の人権について、以下の質問にご回答ください。

1.現在、性同一性障害についての情報は十分に周知されているとお考えでしょうか。

① 十分に周知されている
② そこそこ周知されている
③ どちらともいえない
④ あまり周知されていない
⑤ 周知されていない

2.現在、性同一性障害の人々をめぐる医療体制は十分に整備されているとお考えでしょうか。
① 十分に整備されている
② そこそこ整備されている
③ どちらともいえない
④ あまり整備されていない
⑤ 整備されていない

3.現在の東京は、性同一性障害の人々にとってバリアフリーになっているとお考えでしょうか。
① バリアフリーになっている
② そこそこバリアフリーになっている
③ どちらともいえない
④ あまりバリアフリーにはなっていない
⑤ バリアフリーにはなっていない

4.性同一性障害の人々が社会で暮らしていきやすくするために、条例の整備をすすめる必要があるとお考えでしょうか。
① 必要である
② どちらかといえば必要である
③ どちらともいえない
④ どちらかといえば必要ではない
⑤ 必要ではない

アンケートは以上となります。
アンケートへのご協力、まことにありがとうございました。



★以下は、今回のアンケートの依頼状となります。

東京都知事選挙立候補者各位
性的少数者(性的マイノリティ)の人権に関するアンケートへのご協力のお願い


石原都知事の同性愛者差別発言に抗議する有志の会
代表 島田暁

 「石原都知事の同性愛者差別発言に抗議する有志の会」は、石原慎太郎東京都知事が、去る2010年12月3日と7日に行った同性愛者に対する差別発言に対して抗議するグループとして、昨年末に発足しました。

 なお、石原都知事による同性愛者差別発言とは、石原都知事が12 月3日に発言したとされる「子供だけじゃなくて、テレビなんかにも同性愛者が平気で出るでしょ。日本は野放図になり過ぎている。使命感を持ってやります」との発言、ならびに12 月7日に発言したとされる「どこかやっぱり足りない感じがする。遺伝とかのせいでしょう。マイノリティーで気の毒ですよ」、「ゲイのパレードを見ましたけど、見てて本当に気の毒だと思った。男のペア、女のペアあるけど、どこかやっぱり足りない感じがする」との発言のことを指します。

 この発言に対する抗議集会として、当会では、2011年1月14日に、中野ZERO小ホールにて「石原都知事の同性愛者差別発言、なにが問題か?」を開催し、350 名以上の参加者とともに差別発言の問題性を検討・共有いたしました。また、差別発言に対する抗議のデモ行進を、現在企画中です。

 現職の東京都知事が上述のように同性愛者に対する差別発言を公然と行う中にあって、今回の東京都知事選挙に立候補を予定されている皆様が、同性愛者や性同一性障害の人々といった性的少数者(性的マイノリティ)の人権や、性的少数者(性的マイノリティ)をめぐる政策について、どのような考えをお持ちかを伺いたいと思い、このたびアンケート調査を企画いたしました。

 東京都には多くの性的少数者(性的マイノリティ)が暮らしていますが、今回の東京都知事による差別発言を受け、東京都政に対して不安を抱く性的少数者(性的マイノリティ)も多くいます。今回のアンケートを通じて、立候補者の皆様のメッセージを東京都に暮らす性的少数者(性的マイノリティ)に届けたいと考えております。

 アンケートにつきましては、4月6日水曜日までに、下記の住所まで返送いただけますよう、お願いいたします。

 〈返送先〉

 それでは何卒よろしくお願い申し上げます。



★4月16日(土)に新宿でデモを開催することになりました!
当ブログ内・デモ関連の最新情報はこちらから。

デモの日本語版告知サイト
ENGLISH PAGE FOR THIS PROBLEM

■2/27(日)開催トーク『語れなかったあの頃と、語りきれないこれからへ』映像公開中
■3/5(土)開催トーク『石原発言とメディア~日本のマスメディアはなぜ、あの発言を許すのか?』映像公開中

■357人が参加!「石原都知事の同性愛者差別発言、なにが問題か?」(1/14開催)
★YouTubeで映像公開中→こちらのカテゴリーをご覧ください。
★アンケート結果公開中→①発言の問題性について ②対抗アクションについて第一部の感想 ④デモについて
■カンパ受付中です。ご支援よろしくおねがいいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。