【16日(土)のデモ開催に向けて】アメリカのPFLAG(レズビアンとゲイの親、家族、友人の会)から応援メッセージをいただきました! #ishihara_kougi #tochiji #ishihara

2010年12月3日と7日の石原都知事の同性愛者差別発言をきっかけに発足した「石原都知事の同性愛者差別発言に抗議する有志の会」のブログです。現在は「レインボー・アクション」に改名して活動を続けています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 4月16日(土)に開催が決まったデモ『差別発言に「NO」と言える日本を!~石原都知事の同性愛者差別発言に抗議する』に対し、アメリカのPFLAGから応援メッセージが届きました!



PFLAGからのメッセージ

「石原都知事の同性愛者差別発言に抗議する有志の会」の皆さんへ

 PFLAGの、ウィスコンシン州マディソン支部の会員を代表してメッセージを送ります。

 PFLAGとは、「レズビアンとゲイの親、家族、友人の会」の略です。現在はバイセクシュアルとトランスジェンダーの家族と友人にも支援を広げ、ワシントンに本部を置いて米国内外に多数の支部を持ちます。

 「石原抗議」有志の会の皆さんに心から賛同します。会のリストに是非私たちPFLAGの名前も加えて下さい。石原都知事には痛く失望しました。日本で第二番目に重要な政治家である、東京都の知事が、こともあろうに、都民である少数者に向けて差別発言をしたからです。

 本来なら、都知事は、都民の市民権を守り、福祉を増進するために選ばれたはずです。それなのに、性的少数者に関する、知識不足で心得違いの発言は、社会に現存する差別を増大したばかりか、東京で生活する少数者を更に酷い差別に曝しました。

 性的少数者は、活気ある素晴らしい東京都で、自由に心行くまで楽しんで生活したいと願っています。その願いを実現するのが都知事の仕事でしょう。ところが石原氏は、例の発言によって、性的少数者が差別を恐れて、自分の性的志向を隠し、偽装結婚をせざるを得ない状況に追い込みました。

 石原都知事は、性的少数者には「何か足りない」と言いました。皮肉なことに、足りない何かとは、より英明で、より高い道徳観を持った施政者のもとで、より自由に、より豊かな生活をおくることができる可能性です。その可能性こそが、現在の石原都政の下で性的少数者に欠けているものなのです。

 私たちPFLAGが「石原抗議」のデモに参加して、皆さんと共に歩くことができるなら、誇りを持って高々と以下のようなプラカードを掲げます。この文句は、私たちがマディソンで市民に配布するパンフレットの中にあるものです。

「同性愛者の権利は市民の権利」
「貴方が知る人、大切な人は同性愛者です」
「私たちはストレート(異性愛者)ですが、ナロウ(偏狭)ではありません」

 いつの日か、皆さんの都知事は、上の文句が意味する深い叡智と、東京都の性的少数者が発信する豊かな人間性に啓発されて、感謝することでしょう。

 なぜなら、もし「何か足りない人」がいるなら、そして、私たちが「気の毒に思うべき人」がいるとするなら、それは現在の石原都知事、その人をおいて他にいないからです。差別的発言をした都知事こそ、世界でも有数の大都市の指導者として、ふさわしくない、良識が「足りない人」して、誠に憐れむべき存在です。

 都知事は、3月11日の東日本大震災についても、冷酷な発言をしました。米国での報道によれば、地震と津波と放射線被害を「天罰」と評したそうですね。もし、世界の他の都市や国で、指導者が、かくも人を傷つける言語道断な発言をしたなら、世界中の人々が驚いて抗議するでしょう。私たちも同じです。

 最後に、「有志の会」の抗議に、私たちPFLAGの言葉を添えて下されば光栄です。頑張って下さい! 

Karen Baker, President
PFLAG, Madison, WI
U.S.A.

PFLAG: Parents, Families, & Friends of Lesbians and Gays公式サイト




To the People United, sponsors of the Ishiharakougi

On behalf of the members of the Madison WI (USA) chapter of PFLAG (Parents, Family/Friends of Lesbians and Gays), we wish to add our names in support of your protest against the homophobic remarks of the governor of Tokyo, Ishihara Shintaro. We are deeply disappointed and disheartened that the second most important political leader in Japan would have made such discriminatory remarks about a minority among the citizens of Tokyo whose civil rights and human welfare he was elected to foster, preserve and protect. Such uninformed and misguided remarks serve rather to reinforce existing social prejudices and expose the members of the LGBT community to further discrimination. Instead of supporting them in their desire to participate more fully and openly in the life of a great and vibrant city, such remarks serve only to keep them in a social ghetto, forced to live hidden and stunted lives of fear and disguise. If they are "missing something," it is the possibility of having fuller, richer lives under a more enlightened and moral public leadership.

If we could be there to join you in your Ishiharakougi march, we would proudly hold up banners and placards bearing the words that appear on the literature we hand out to our fellow citizens here in Madison:

"Gay Rights are Civil Rights"
"Someone You Know and Love is Gay"
"We Are Straight But Not Narrow"

Perhaps one day your governor, Ishihara-san, will come to appreciate the deep wisdom of these mantras and the full humanity of the LGBT members of his community. For the truth is, if there is anyone who is "missing something," if there is anyone we should "feel sorry for," it is Mr Ishihara himself who, by his discriminatory remarks, has shown himself unworthy to be the leader of one of the great cities of the world community.

As a footnote we note, also with sorrow, another of the governor’s unfeeling remarks. It was reported in the media here in the United States that Ishihara-san viewed the tragic events of the March 11th earthquake, tsunami and radiation disaster as evidence of "divine retribution." If the leader of any other major international city or state were to make such a hurtful and immoral remark, the world would be appalled. We are appalled.

We would feel privileged if you would add our names to your protest march. Gambatte kudasai!
Karen Baker, President
PFLAG, Madison WI



★4月16日(土)に新宿でデモを開催することになりました!
当ブログ内・デモ関連の最新情報はこちらから。


デモの日本語版告知サイト
ENGLISH PAGE FOR THIS PROBLEM

■2/27(日)開催トーク『語れなかったあの頃と、語りきれないこれからへ』映像公開中
■3/5(土)開催トーク『石原発言とメディア~日本のマスメディアはなぜ、あの発言を許すのか?』映像公開中

■357人が参加!「石原都知事の同性愛者差別発言、なにが問題か?」(1/14開催)
★YouTubeで映像公開中→こちらのカテゴリーをご覧ください。
★アンケート結果公開中→①発言の問題性について ②対抗アクションについて第一部の感想 ④デモについて
■カンパ受付中です。ご支援よろしくおねがいいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。