【NEWS!】ついに国際人権NGO「HUMAN RIGHTS WATCH」が声明発表『日本:東京都知事は同性愛者差別発言を撤回すべき』 #ishihara_kougi

2010年12月3日と7日の石原都知事の同性愛者差別発言をきっかけに発足した「石原都知事の同性愛者差別発言に抗議する有志の会」のブログです。現在は「レインボー・アクション」に改名して活動を続けています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先日のIGLHRC代表の声明に続き、NYに本部を置く国際人権NGO「HUMAN RIGHTS WATCH」が2月1日、石原都知事の同性愛者差別発言の撤回を要求する声明を発表しました。

日本:東京都知事は同性愛者差別発言を撤回すべき
Japan: Governor Should Retract Homophobic Comments

 昨年12月20日に当会が発足して以降すぐに、海外の著名な人権団体その他に対して石原都知事の同性愛者差別発言を報告し、なんらかの声明を促すメールを「外圧チーム」メンバーがたくさんメールで送っていました。しかし、ちょうどクリスマス休暇にぶつかっていたということもあり、返信がなかなか来ず。

 その頃は大手メディアからの「英語による報道」もなかったことから、情報の信頼性を疑われている可能性も否定できず、半ばあきらめかけていたところに今年になってから1月14日のNY市議会議長(オープンリー・レズビアン)からのメッセージ(こちらは、市川文緒さん個人が送られていたものを情報提供していただきました)、そして国際人権NGOのIGLHRC代表からのメッセージ、そして今回のHUMAN LIGHTS WATCHと、ここに来て立て続けに、かなり知名度の有る大きな組織からの声明発表が続いています。

 こうした「後ろ盾」を得たことで、今後予定している国内の各所への働きかけにも大きな影響が出てくることでしょう。これは本当に大きな成果ですし、その成果を活かすかどうかは「これから」にかかっています。



★4月16日(土)に新宿でデモを開催することになりました!
当ブログ内・デモ関連の最新情報はこちらから。

デモの日本語版告知サイト
ENGLISH PAGE FOR THIS PROBLEM

■2/27(日)開催トーク『語れなかったあの頃と、語りきれないこれからへ』映像公開中
■3/5(土)開催トーク『石原発言とメディア~日本のマスメディアはなぜ、あの発言を許すのか?』映像公開中

■357人が参加!「石原都知事の同性愛者差別発言、なにが問題か?」(1/14開催)
★YouTubeで映像公開中→こちらのカテゴリーをご覧ください。
★アンケート結果公開中→①発言の問題性について ②対抗アクションについて第一部の感想 ④デモについて
■カンパ受付中です。ご支援よろしくおねがいいたします。

 | Copyright © 石原都知事の同性愛者差別発言に抗議する有志の会 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。