「被災とセクシュアル・マイノリティ」動画公開07●株式会社GID日本支部代表・井上健斗さん●避難所でホルモン注射が打てない場合や、性別適合手術後のアフターケアーが出来なくなった場合のリスク

2010年12月3日と7日の石原都知事の同性愛者差別発言をきっかけに発足した「石原都知事の同性愛者差別発言に抗議する有志の会」のブログです。現在は「レインボー・アクション」に改名して活動を続けています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 5月5日(祝)の14時に開催した当会主催イベント『被災とセクシュアル・マイノリティ ~現地の状況をイマジン。真に必要な支援のあり方とは?』の模様を映像で公開いたします。ぜひ周囲の方にもお知らせいただき御覧ください。(会場は、なかのZERO小ホールで行われました。)

被災とセクシュアル・マイノリティ07●株式会社GID・井上健斗さん


レインボー・アクション『被災とセクシュアル・マイノリティ』PLAYLIST
株式会社GID
KENTO GATE

 自分が「トランスジェンダー当事者である」ことを周囲にどれだけ開示できているのか?。もしかしたら、誰にも言えないままの生活環境でホルモン注射を打っていた方などが居るかもしれません。性別適合手術後のアフターケアが出来なくなり、でもそれを周囲の人に言い出せず、精神的にも肉体的にも状況が悪化しつつある方が、いるかもしれません。

 井上さんは、「問い合わせがあったときにすぐ対応できるように準備をしておくこと」が大事なのではないかと語りました。これから「生活の質」を取り戻す段階に入る被災地において、中・長期的に「声が出せずに困っている人はいないか」を探っていく必要性を感じます。セクシュアル・マイノリティ視点からの被災地支援は「これから」が本番なのです。



★レインボー・アクションでは9月24日(土)19時から『被災とセクシュアル・マイノリティ2』を開催することを正式決定しました。今後、さまざまに表面化してくることが予想されるセクシュアル・マイノリティの被災状況や、複合的に絡まって問題化することを、丹念に調査した上でゲストとともに報告しあう場に出来ればと思います。皆様もぜひ、関連情報がありましたらお寄せください。御連絡は以下のアドレスまで。

rainbowaction.net@gmail.com
 
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ishiharakougi.blog137.fc2.com/tb.php/119-b826b73b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 石原都知事の同性愛者差別発言に抗議する有志の会 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。